キーボードにこだわりがあるプログラマーが東プレ REALFORCE R3をレビュー!プログラマーにおすすめのワイヤレスキーボードを紹介

キーボードにこだわりがあるプログラマーが東プレ REALFORCE R3をレビュー!プログラマーにおすすめのワイヤレスキーボードを紹介

プログラマーなら仕事道具であるキーボードにこだわりを持つのは必然!
毎日パソコンを触りまくっているプログラマーからも絶大な信頼感と人気があるキーボードといえば、「東プレ REALFORCE」ですよね。

そんな東プレ REALFORCEから新モデルであるREALFORCE R3が発売されたので、キーボード好きのプログラマーとして、プログラマーにおすすめのキーボードを紹介していきます!

REALFORCE R3には、「配列」「キー荷重」「接続方法」などで種類が複数あります。
私のおすすめの種類を載せておきますので、参考にしてみてください!

Windowsのおすすめ:REALFROCE R3 R3HC11(R3HC22)

REALFORCE
¥34,540 (2024/04/15 12:01時点 | Amazon調べ)

Macにおすすめ:REALFROCE R3 R3HE21

目次

REALFORCE R3のデザイン

今までのREALFORCEと比べると、少し丸っこいデザインですね。
ベゼルも太めなので、スタイリッシュとはお世辞にもいえないですかね。

ただ、マッド加工されていて高級感はあるので、個人的には好きな形ではあります!

キーキャップや、キースイッチはこんな感じです!
キーキャップは、REALFORCE R3でも種類によって、昇華印刷かレーザー印刷のどちらかになります。
個人的には、昇華印刷で無刻印っぽい感じが好きでしたが、キー荷重30gを試したく、仕方なくレーザー印刷になってしました。

REALFORCE R3のスペック

まずは、簡単にスペックを紹介しておきます。
お値段は、3万円台と最高級キーボードと言っていい値段です。。。
静電容量無接点方式のキーボードは高いですからね、仕方ないですが、有線のみで問題ないならR3出なくてもいいかも。

製品REALFORCE R3
価格テンキー有: 34,980円
テンキー無:34,540円
スイッチ東プレスイッチ(静電容量無接点方式)
サイズ‎テンキー有:46.5 x 16.3 x 3.9 cm
テンキー無:37.9 x 16.3 x 3.9 cm
カラーブラック
ホワイト
重量1.3 kg
接続方法Bluetooth5.0
有線(Type-C)
動作対象OSWindows,Mac
電源単三電池
キー配列JIS配列(日本語配列)
テンキー有無両方あり
キーピッチ(キーの距離)19 mm
キーストローク(キーの深さ)4 mm
アンチゴースト(複数同時押下の誤入力防止)
Nキーロールオーバー(複数同時押下可能数)フルNキーロールオーバー
Amazon

REALFORCE R3の良いところ

REALFORCE R3の良いところを紹介していきます!
あくまでプログラマーとして、気に入っている点を紹介しているだけですので、REALFORCE R3にはもっと良いところはあります!

REALFORCE初の無線接続!

まずは、なんと言ってもREALFORCE初の無線接続に対応しているという点が今回の目玉機能です。
これを目当てにメインキーボードを乗り換える人も多いはずです。

無線は、Bluetooth5.0なので接続も安定していて、プログラミングをしていて不便に感じたことはありません。
無線と有線のハイブリッドなので、USB Type-Cケーブルで接続したら、有線でも利用は可能になります!

今までだと、静電容量無接点方式で無線に対応しているキーボードだと、HHKB一択でした。
HHKBもいいキーボードなのですが、少しクセがあり、仕事で別のキーボードを使っていたりすると、タイピングミスが多くなるのが難点でした。

その点、REALFORCE R3は、配列がシンプルでクセがないので、仕事で別のキーボードを利用しているような方でも、安心して利用することができます!

配列にクセがない、静電容量無接点方式のワイヤレスキーボードというだけで、買うしかないなと思ってしまいます!笑

4台の端末を接続切り替え可能!

プログラマーであれば、パソコンを複数台保持している方も多いはずです。
また、これからプログラミングを勉強していくんだという方も、今後複数台パソコンを保持する可能性があるかなと思います。

REALFORCE R3は、最大4台の接続を保存して、ボタンで切り替えが可能になっているので、複数台パソコンがあっても1台のキーボードで対応ができます。

私は、4台のPCを使い分けているので、非常に重宝している機能の1つになります!

心地の良い打鍵感!

REALFORCE R3は、今までのREALFORCE同様にスコスコという非常に心地の良い打鍵感が健在です!
打鍵感が心地よくて、どんどんコードを書きたくなるので、コーディングが非常に進みます!笑

REALFORCE R3には、複数種類があるのですが、キー荷重には注意が必要です。
45g・30g・変荷重の3種類あるのですが、個人的には「45gが一番心地よかったのでおすすめ」です!
30gは軽すぎて打鍵感が弱く、変荷重は癖があるので万人受けはしないかなと思います。

耐久性も高く、長く使える!

静電容量方式のキーボードは、耐久性にも優れています!
なので、他のキーボードよりも長く使えるのも特徴です。

ただ、注意したいのはBluetoothのバージョンですね。
何年も使えるキーボードではありますが、無線の規格は年々進化していきますので、数年後には時代遅れ。。なんてことも考えられます。数年後は、有線で接続するなど、何かしら不備は多くなることもあるかもしれません。
(とはいえ、数年前のワイヤレスキーボードも全然今も使えているので、そこまで心配はいらないかなとも思います。)

REALFROCE R3の悪いところ

プログラマーとして、イマイチだなと感じたことを紹介していきます。

デザインは好みが分かれる?!

まずは、デザインは好みが分かれるなと感じましたね。
今までのREALFORCEがカッコよかったかと言われると、正直そうでもないのですが。。。
REALFORCE R3は、今までのより丸っこい感じや、ベゼルが大きい感じがスタイリッシュさがあまりないなと。

ただ、実際に購入して実物を見ると、意外と良い感じで、高級感もしっかりありました!
デザインがイマイチかな。。。と思っている方は、一度店頭で見てみると良いかもしれません。

接続の切り替えが少し面倒?!

個人的には、接続の切り替えが少し面倒だなと感じました。
できればベゼルが太いのだから、そこに切り替えボタンでもつけてくれたら。。。

切り替えは、「Fn+1~4」なので、2つのキーを同時に押すだけなのですが、これが毎回やっていると面倒になってきます。
(流石にめんどくさがりすぎる??笑)

PCを頻繁に切り替える方は、少し注意したほうがいいかなと思います。

最高のキーボードを探しているなら、これ一択!!

プログラマーにとって、キーボードは切っても切り離せないくらいに大切なビジネスツールです。
コーディングの質を上げるために、最高のキーボードである「REALFROCE R3」を使ってみてはいかがでしょうか!!

REALFORCE R3には、「配列」「キー荷重」「接続方法」などで種類が複数あります。
私のおすすめの種類を載せておきますので、参考にしてみてください!

Windowsのおすすめ:REALFROCE R3 R3HC11(R3HC22)

REALFORCE
¥34,540 (2024/04/15 12:01時点 | Amazon調べ)

Macにおすすめ:REALFROCE R3 R3HE21

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

クラウド関連を勉強するために始めたブログです。
未経験の技術のため、広い心を持って見ていただけると嬉しく思います。
情報セキュリティを勉強するために、「Hack Lab. 256」もあります。
情報セキュリティに興味がある方は、ぜひ覗いて見てください!

目次